ピラティスとは

ピラティスは、20世紀のはじめ、ドイツ人のジョセフ・H・ピラティスによって開発された体の深層の筋肉を鍛えるトレーニングです。もとは、傷病兵が体に負担をかけずに行えるリハビリとして考案されました。 胸式呼吸と穏やかな動きが特徴で、体の各部のポジションの安定と、動きをコントロールしながら、エクササイズを行います。


最初はニューヨークのダンサー達にケガ防止や回復のためのエクササイズとして受け入れられたピラティス。その後、上流階級の人々、商人、医師、音楽家、芸人、体操選手、ビジネスマン、商社マン、一般の方、学生などさまざまな人々に広がり今では世界中の人々に愛好されています。


ピラティスのエクササイズは「体幹部(コア)の筋肉を鍛えること」「身体を正しく使うこと」に絞られており、ピラティスを始めると、腹部・腰部・骨盤周辺の体幹の筋肉が鍛えられ、ボディラインが美しく引き締まり、怪我をしにくい強い体に変わっていきます。